ぷらっとこだまエコノミープランの子供料金の扱いについて



スポンサードリンク


関西の私鉄・JRで行くお得きっぷの旅

ぷらっとこだまの子供料金

ぷらっとこだまエコノミープランの子供料金は、通常の新幹線の料金体系とは異なります。

 

JRの窓口などで購入する新幹線の切符であれば、6歳〜12歳の小学生は子供料金が適用され、乗車券・特急券は大人料金の半額になります。

 

しかし、ぷらっとこだまの子供料金は大人料金の半額ではなく、各乗車駅から目的地までの区間料金が決まっています。

 

例えば、ぷらっとこだまエコノミープランの料金は、東京〜新大阪を利用する場合、通常期で大人料金10,000円、子供料金6,800円となりますので、この場合ですと、大人料金のだいたい7割弱の料金設定となっています。

 

繁忙期の場合では、東京〜新大阪のぷらっとこだまエコノミープランの大人料金は11,500円、子供料金は6,800円です。

 

ぷらっとこだまの場合は、子供料金は繁忙期でも通常期と変わりませんので、通常の新幹線よりもお得となる場合もあります。

 

鉄道裏ワザ大全

 

 

 

ぷらっとこだまでグリーン車を利用する場合の子供料金

 

ぷらっとこだまにはエコノミープランの他に、グリーン車エコノミープランもあります。

 

このプランは、ぷらっとこだまエコノミープランに1,000円、または1,500円を追加するだけでグリーン車にグレードアップできるというものです。

 

ただし、この追加料金は大人のみに適用され、子供料金は決められた料金となっています。

 

つまり、エコノミープランで東京〜新大阪の子供料金が6,800円ですから、プラス1,500円では8,300円になるのですが、実際の料金は8,900円に設定されています。

 

グリーン車エコノミープランを利用する場合は、子供料金には注意しましょう。

 

こちらもエコノミープラン同様、通常期と繁忙期での子供料金は同じとなっています。

 


スポンサードリンク

 

 

ぷらっとこだまの小学生未満の子供料金の扱いについて

 

小学生未満の子供(幼児)の場合は、座席を使わず膝に座らせる場合は無料になります。

 

但し、大人一人が幼児を二人連れてぷらっとこだまを利用したい場合には、二人を膝の上に乗せて乗車することは不可能と言えますから、大人料金と子供料金1人分を支払って二席を予約することになります。

子供利用時の注意点

ぷらっとこだまのこども利用で注意しなければならないことがあります。
それは、ぷらっとこだまはこどものみでは利用できないことです。
必ず15歳未満は保護者が一緒に利用しなければならないのです。
また、15歳以上でも20歳未満の場合、保護者の同意書が必要になります。
そのため、小学生や中学生の兄弟におばあちゃんの家まで旅をさせようと思っても、それはできません。
その場合は、ぷらっとこだまではなく通常の新幹線を利用してもらうしかなさそうです。
とはいえ、保護者が一緒ではなくこどものみの場合は、ぷらっとこだまではなく通常の新幹線料金の方がお安いこともありますので、料金のことを考えてもぷらっとこだまを利用するのは家族旅行など保護者が一緒の時の方がいいようです。

 

JR東海ツアーズ「ぷらっとこだま」ご利用ガイド TOP

スポンサードリンク


日帰りお得きっぷ旅首都圏



ぷらっとこだまの子供料金 | JR東海ツアーズ「ぷらっとこだま」ご利用ガイド関連ページ

ぷらっとこだま+グリーン車
ぷらっとこだまをもっと快適に利用するなら、僅かな料金でできるグリーン車のアップグレードもおすすめです。
1ドリンク引換券活用法
ぷらっとこだまエコノミープランに付いてくる「1ドリンク引換券」をもっとお得に利用するための活用法をご紹介します。
こだま&夜行バスプラン
ぷらっとこだま&夜行高速バスプランは、ぷらっとこだまエコノミープランと夜行高速バス(ドリームなごや号・レディースドリームなごや号)を利用して、より格安料金で東京から名古屋間を往復できる、JR東海ツアーズの大変お得なプランです。
ぷらっとよりお得!宿泊プラン
ぷらっとこだまエコノミープランは、新幹線の運賃で比較した場合は、どんな割引きっぷよりもお得ですが、往復で宿泊を伴う場合は、旅行会社の「往復新幹線+宿泊ホテル」の格安セットプランの方が安い場合が多く、おすすめです。