ぷらっとこだまエコノミープランの乗車チケット・1ドリンク引換券・関係書類です。



スポンサードリンク


楽天トラベル お得なJR+宿泊 プラン

ぷらっとこだまのチケットと関係書類

ぷらっとこだまエコノミープランの予約・購入手続きを「e-ぷらっとネット」で行った場合、チケット等は郵送により送られることになります。

 

一応、e-ぷらっとネットでの予約・購入手続きは2日前まで可能ですが、仮に出発前のギリギリ前々日に申し込んだ場合、チケットの受け取りは本当に大丈夫なのか、ちょっと心配ですよね。

 

そんな訳で前回の、e-ぷらっとネットでの予約・購入手続き後、チケット入手までの状況をレポートします。

 

新幹線の格安チケット

 

※e-ぷらっとネットで手続きを行ったときの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

e-ぷらっとネットの予約・購入手続きを行った翌日、早速JR東海ツアーズより書類が届きました。

 

封筒の中には、「新幹線こだま号の乗車チケット」・「1ドリンク引換券」・「ぷらっと旅程表」が入っていました。

 


スポンサードリンク

 

 

新幹線こだまの乗車票チケット(乗車船・指定席用)

ぷらっとこだま乗車船
普通のJRの切符のような感じですが、きっぷではなくあくまでチケットですから、これで自動改札機を通ることはできないんですよね。

 

 

1ドリンク引換券(ぷらっとフリークーポン)

1ドリンク引換券
ぷらっとこだまを利用する中で唯一の「お楽しみクーポン」といった感じです。

 

出発するときは乗車チケットと同様、このドリンク引換券も忘れてはいけませんね。

 

 

ぷらっと旅程表(確認書)

確認書
ぷらっと旅程表は小さくて薄い文字で予約内容の確認事項や、注意書きなどが記されていました。

 

仮に直前の申し込みを行った場合(出発が翌日)に、手配内容の誤りが発見された場合、対応はどうなるのかといった(余計な)心配をしながら一通り内容を確認しました。
もちろん内容はOKです。

 

 

これで、必要なチケット関係はすべて揃いましたので、出発日はこれらを持って駅へ向かうだけです。

 

今回、ぷらっとこだまの予約手続きにe-ぷらっとネットを利用して感じたことは、書類が実際に翌日に届いたことで「迅速な対応」と言う点で安心できたとこと、普通のツアーのように繁雑になりがちな書類がなくシンプルで確認も簡単であることなどです。

 

また、ぷらっとこだまの乗車チケットと、JRの新幹線の切符は見た目がよく似ていますが、都・区内からの乗車記載はなく、当然のことながら利用駅間のみの利用となります。

 

ついきっぷのような感覚で間違えてしまいそうですが、その点についてはご注意を。

 

ぷらっとこだまの旅レポート

 

「ぷらっとこだまエコノミープラン」ご利用ガイドTOP


スポンサードリンク





ぷらっとこだまのチケットと関係書類 | JR東海ツアーズぷらっとこだまの旅レポート関連ページ

e-ぷらっとネットで予約
JR東海ツアーズのぷらっとこだまエコノミープランを、e-ぷらっとネットを利用して予約及び購入してみました。
東京−名古屋
ぷらっとこだまエコノミープランで、東京駅から名古屋駅までの区間を利用した場合の実践レポートです。実際にぷらっとこだまを利用してみて改めて気づいた点やちょっとした発見などもご紹介していきます。
京都−静岡
JR東海ツアーズのぷらっとこだまエコノミープランを利用して、新幹線こだま号に乗って京都駅から静岡駅へ向かう旅のレポートです。新幹線の中の様子や京都の駅弁、1ドリンク引換券で購入した赤ワインの感想などもご紹介します。
名古屋−新大阪
JR東海ツアーズのぷらっとこだまエコノミープランで、新幹線こだま号に乗車して名古屋から新大阪までの区間を利用しました。移動中の新幹線の車内の状況や、1ドリンク引換券で購入した白ワインの味などもレポート形式でご紹介します。
静岡−新横浜
ぷらっとこだまエコノミープランを利用して、新幹線こだま号に乗って静岡−新横浜の間を移動しました。新幹線に乗る前の1ドリンク引換券の利用から乗車中の様子、そして目的地に到着して改札口を出るまでの状況をレポート形式でご紹介します。










ぷらっとこだまWEBサイト